うるさくて眠れないならデジタル耳栓

忙しい現代人のただでさえ短い睡眠時間、いびき、話し声、外の工事、電車、PCなどの機械の音と言いだせばきりがないほど、私たちの眠りを妨げる音はたくさんあります。

静寂の中で睡眠をとり、できるだけ眠りの質を上げたいと思いませんか?

普通の耳栓では防ぎきれない大きな音も、デジタル耳栓なら消し去ってくれます。

ただ、どんな耳栓でもいいわけではありません。

なぜなら睡眠の邪魔になるような形や装着感では安眠できないからです。

そして、ノイズキャンセルの能力差もあります。

そこで、今日は睡眠に最も向いたものを探す旅に出たいと思います。

デジタル耳栓とは?

そもそもそのデジタル耳栓って何?という疑問があると思います。

デジタル耳栓は耳を塞ぐことで得られるアナログな防音効果と、外の音と反対の波の再生で音を消すデジタルな消音効果、両方を兼ね備えたスゴイやつです。

少し難しいですが、音は全て音波つまり波でできています。

イメージは上の感じです。

眠りを妨げるうるさい音が赤い波、耳栓が再生してくれるのが青い波、ぶつかり合うとほぼゼロつまり、静寂となります。

これがデジタル耳栓の仕組みです。

ただデジタルのためバッテリーで駆動するので充電が必要です。

この点のみ普通のスポンジ耳栓とは使い勝手の違う部分です。

どんなカタチがいい?

出典:http://www.biccamera.com

この画像はソニーの完全ワイヤレスWF-1000XM3で耳栓ではなく、ノイズキャンセリングイヤホンです。

このイヤホンも耳栓として使用可能です。

ただ画像をみて頂くと分かる通り耳から大きく飛び出しています。

これでは横向きになって寝たときに、とんでもなく耳が痛くなります。

睡眠時の耳栓として肝心なのは、横向きに寝たときに不快感がないことです。

つまり可能な限り耳からはみ出さないことが条件です。

この条件を満たすノイズキャンセリング完全ワイヤレスのイヤホンは今のところ存在しないと思います。

そして、完全ワイヤレスでないものはケーブルがあり寝ている間に引っかかったりと、あまり向いていないです。

そこで登場するのがやはりデジタル耳栓こと、ノイズキャンセリング機能付きの耳栓、耳から飛び出さないデジタル耳栓がベストだと思います。

飛び出さない耳栓

上の画像はフィンランドのQUIET ONという企業が開発したSLEEPというモデルのデジタル耳栓です。

名前の通り寝ている間に使うのを目的にした商品で、耳から飛び出しません。

横向きに寝ても不快感ゼロの理想形です。

完全ワイヤレスイヤホンと同じような仕様になっていて、充電できるケースとセットで売られています。

シンプルなデザインと、スタイリッシュな黒で質実剛健な感じです。

後、優れているのがイビキの音に特化していて耳栓との消音効果の比較が上の図です。

白い部分が何もつけない場合のイビキの音の波形です。

全体的にいろんな音が出ていて、250~500Hz付近にピークがあります。

次に薄いグレーがウレタンスポンジ耳栓を使用したときの波形です。

頑張ってはいるものの、消しきれていない。

最後が濃いグレーの波形、もちろんデジタル耳栓使用時です。

高い音のほとんどが消えているだけでなく、いびきの音をカタチ作っている250~500Hzを効果的に消し去っている。

色々な騒音を消すだけでなく、周りでイビキのうるさい人が寝ている状況でも問題なく安眠できてしまう優れもの。

私は寝ている間の光や音に敏感で、音がうるさいと深い眠りにつけず、十分に寝ても翌日は寝不足なんてことが良くあります。

デジタル耳栓は短い時間で、深い眠りを手に入れるサポートアイテムだなと思っています。

皆さんも是非トライして見て下さい。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です